中国仮想通貨取引所Binanceが設立5ヶ月で取引世界一,その理由は?

2017年12月17日、中国の大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が公式ツイッターで24時間の取引高が世界一になったことを発表しました。

Binanceは開設から5ヵ月で、24時間の取引高が25億ドルを超え、世界前3位のアメリカのBittrex、香港のBitfinex、韓国のBithumbを抜けて、世界一位になりました。2018年は存在感を高めていきそうですね‼

Binance取引所概要

Binanceは2017年7月に開設された中国の新興の仮想通貨取引所です。Binanceの創業者兼CEOのZhao Changpeng氏は、中国の大手取引所OKCoinの共同設立者およびCTOとして、務めたことがあります。

Binanceは中国仮想通貨取引所ですが、8ヵ国語を対応、180ヵ国に取引サービスを提供し、外国の利用者が約8割を占めているようです。

Binanceは日本にも子会社を作って、2017年9月から日本語対応が開始し、日本人の登録者が急増加の勢いのある取引所です。

Binanceは開設から5ヵ月で世界1位の出来高を誇り、取り扱い通貨も200種類ととても多いのが特徴です。(2017年12月17日現在)

業者 Binance(バイナンス)
運営 Binance
本社所在地 香港
開業 2017年7月
CEO 趙 長鵬( Changpeng Zhao)
前中国の大手取引所OKCoinの共同設立者およびCTO
公式サイト https://www.binance.com
公式ツイッター https://twitter.com/binance_2017
取引銘柄 BTC、LTC、BCC、ETH、IOTA等約201種類、まだ増加中….
取引所の特徴 取引銘柄が豊富(201種類),手数料が安い(0.1),BNBで決済すると手数料が50%割引,日本語を含めて、8ヵ国語を対応、180ヵ国に取引サービスを提供し、外国の利用者が約8割を占めている。

Binance(バイナンス)人気の理由は?

取り扱い通貨が豊富(201種類以上)

日本のCoincheck、Zifaなどの仮想通貨取引所より、Binanceは取り扱っている通貨が201種類ととても豊富です。(2017年12月18日現在)

Binanceは新規の上場通貨をユーザーの投票で決めるという面白い取り組みをしており、取り扱い通貨の数もどんどん増えているので、国内取引所の仮想通貨の取扱数に不満がある方は、Binanceの口座開設をお勧めですよ。

全取り扱い通貨を確認したい方は以下のBinance公式サイトに確認できます。

Binance公式サイトhttps://www.binance.com

手数料が格安(0.05%~0.1)

項目 Bittrex Bitfinex Bitnace
Maker手数料 0.25% 0.1% 0.1%
Taker手数料 0.25% 0.2% 0.1%

国際大手仮想通貨取引所の手数料はだいたい0.15%~0.25%が主流ですが、Binanceの通常の取引手数料は0.1%と業界の安い方と思います。

さらに、Binanceは独自の通貨であるBNBトークンで手数料を払うことで、手数料が50%引きの0.05%とほとんどダダで売買することができます!

Bittrexの0.25%と比較して、BinanceでBNBを使えば実質5分の1なので、激安であることがわかります。取引するなら、断然Binanceで取引した方がお得ですね!

さらに、NEO、Qtumなどの仮想通貨の取引手数料は無料です。

ビットコイン、イーサリアムの分裂時にただで付与される可能性が高い

12月はビットコインの分裂が数多く予定しているので、Binanceにビットコインを預けておくことで勝手に資産が増えていく可能性が高いです。

BCH・BTG・BCD・SBTC・ETFなどの過去数回のハードフォーク対応から今のところ良い対応をしてきているのは Binanceだけです。

日本人含めて、多くのトレーザは12月以降Binanceをメインの取引所として使っていく最大の理由が分裂への対応です。

1)10月24日、Bitcoin Gold分裂時にもBinanceはビットコインゴールドの付与とBinanceへの上場を発表しました。

2)11月24日、Bitcoin Diamond分裂時,Binanceは1BTCにつき10BCDを付与することを発表しました。

3)2017年12月13日、SuperBitcoin(SBTC)、Bitcoin X(BCX)分裂時にも,1 BTC=1 SBTC、1 BTC=10,000 BCXを付与することを発表しました。

4)2017年12月17日、Ethereum Fog(ETF)分裂時にも,1 ETH = 1 ETFを付与することを発表しました。

以上のハードフォーク対応はBinance公式サイトで確認できます。

Binance公式サイトhttps://www.binance.com

11月26日当時では1Bitcoin Diamond(BCD)=10,000円ほどなので、1BTCをBinanceに預けていた方は10万円も何もせずに資産を増やしたことになります!

12月18日以降に予定する以下の6回の分裂時にも同様に分裂コインが付与される可能性が高いと言えます!

12月18日以降に予定しているBitcoin6回のハードフォーク予定は以下の通り

1)12月23日予定,LBTC(Lightning Bitcoin;公式サイト:http://lightningbitcoin.io/)#499999,発行量2100万。

2)12月23日予定,BTP(Bitcoin Platinum,公式サイト:http://t.cn/RY9YCTo)#500000,発行量2100万。

3)12月25日予定,GOD(Bitcoin God;公式サイト:https://www.bitcoingod.org/index_zh.html)#501225,発行量2100万。

4)12月26日予定,BCK (BTCKing;公式サイト:https://btcking.org/)#499999,発行量2121万。

5)12月31日予定,BUM (Bitcoin Uranium;公式サイト:https://mvp.sonm.io/),発行量2121万。

6)1月2日予定,BCP (Bitcoin Cash Plus;公式サイト:https://btcking.org/)#499999,発行量2121万。

まだチャンスがあるので、今のうちに口座登録した方が損しないでしょうか。現在、Binanceの登録数急増加の為、毎日登録人数が限定されています。

ちなみに、Binanceはアカウント作成はメールアドレスの登録して、本人確認書類提出すれば、30分以内で確認完了し、すぐ取引可能です。

日本の仮想通貨取引所と違って、本人確認のハガキは発行しません。なので、中国系の仮想通貨取引所は審査の効率が高いです。

日本語を対応している中国系の仮想通貨取引所

取引所 LOGO 取引手数料 信用取引 取引銘柄 会社所在地 公式サイト
1.Binance 0.1% 225 日本
2.Kucoin 0.1% 139 アメリカ
3.Huobi 0.2% 4倍 79 セイシェル
4.Bitmex(先物) 0.075% 100倍 11 セイシェル
5.ZB.com 0.1% 5倍 56 香港
6.Exx 0.1% 3倍 70 香港

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です