中国で一番規模が大きいマイニング施設の規模は?規制の影響はあったのか?

中国で一番規模の大きいマイニング施設

中国にあるのは広大な土地。大きなマイニング施設が存在できるのも、広大な土地があってこそ。まずは、中国に存在する大規模なマイニング施設についてまとめていきたいと思います。

大きなマイニング施設はどのような場所にある?

[参考]:中国のいくつかの大きな鉱山:四川省、北東、内モンゴルです。

マイニング施設ではその土地もそうですが、その他に最も必要なのは”電源”です。そのため、発電所に直接大規模なマイニング施設を建てる必要があります。四川省横断山脈地帯には豊富な水力資源があり、ビットコイン・ゴールドラッシュのための最良の選択となっています。

四川省は施設が多く、世界最大のコイン・マイニング資本になっている

この地域では電気代が非常に安価なだけでなく、人口密度の低さによる環境騒音問題や寒い気候であるため(設備の)発熱問題を解決できる利点があります。電気の敷設費用を抑えるため、主に水力発電所内に直接建設されています。

施設を動かすために必要なコストはどのくらい?

[参考]:5,800台のマイニング用機械を動かすのには年間電力245万元(日本円で4,000万円ぐらい)、この設備を揃えるためには日本円で25万円かかります。

コインを採掘するマシンのためのCPUとグラフィックカードは、マルチスレッド要件が高い物が選択されます。そして2017年に発売された、AMD社のRyzen7 1800X 8コア16スレッドのCPUは間違いなくハイエンドの性能では人気が出るでしょう。 グラフィックカードはAMD Polarisアーキテクチャの方がNvidiaのカードよりも利点があります。Ryzen7 1800XとAMDのグラフィックカードの組み合わせを選ぶ場合、最も強力なのはRadeon RX 580のグラフィックカードです。

マイニングにどのようなパーツを使っているか?

CPUであるRyzen7 1800X 8コア16スレッドは最新の14nmプロセスで設計されており、メインストリーム3.6Ghz、サポートオーバークロック、4Mセカンダリキャッシュ、および最大18MBのL3キャッシュを持つ、AMDの最新CPUです。 消費電力はわずか95Wですが、インテルの8コア14スレッドの上位プロセッサと比較してほとんどのi7プロセッサを凌駕します。より強力なマルチスレッドの利点を持つだけでなく、価格は半分安くなります。ハイエンドの自作コンピュータ処理では、採掘作業の利点も明らかに優れています。

マザーボードは購入するCPUのソケットと組み合わせて、より費用対効果の高いMSI X370 GAMING PROというハイエンドのオーバークロック可能なマザーボードを使用しています。

グラフィックスカードのRX580は、AMD Polarisというハイエンドで最も強力なグラフィックス性能を持つ新しいアーキテクチャです。シングルカード性能は上位のNvidia製品と比較して優れているわけではありませんが、AMD製品でのマイニングの観点からはデュアルカードを動作させるクロスファイアとの組み合わせで多くの利点を達成することができます。施設では、複数枚のASUS ROG-STRIX-RX580-T8G-GAMINGでクロスファイア接続する強力な組み合わせを選択しているので、マイニング能力は非常に強力です。

マイニングにおける卓越したパフォーマンスを持つハイエンドのAMDグラフィックカードとして、多くのRyzen プロセッサーとAMDグラフィックカードが売り切れています。現在、このASUS ROG-STRIX-RX580-T8G-GAMINGグラフィックスカードは少し在庫があり、グラフィックス周波数1431MHz / 8000MHz、256ビット幅、GDDR5 8GBの大容量メモリ、デュアル冷却ファン、デュアルグラフィックカードのクロスファイア接続対応といった、強力な性能を備えています。

メモリは2つのDDR4 2400 16GB 高周波メモリを選択、32GBの大容量で運用。さらにマザーボードには4つのメモリスロットを備えており、追加でメモリを拡張できます。 ハードディスクは512GBの高速なM.2ソリッドステートハードドライブが選択されています。ストレージが不足していると思われる場合は、2TBの機械式ハードドライブを追加して拡張することができます。

ケースは、主流のゲーミングケースを選択します。2つのハイエンドグラフィックカードを搭載した自作コンピューターであるため、消費電力が高い。したがって、電源はハイエンドのオーバークロックDIYコンピュータのこのセットは2つのハイエンドグラフィックスカードを装備しているため、電源の消費は高くなります。したがって、高負荷需要のもとマイニング設備の要件を満たすため電源はCorsair RMiシリーズのRM650iモジュールの1000W定格電力を選択しています。

どのようなコインを掘っている?

現在、中国ではビットコインが中心的に多いので、他のコインは情報がまだ出てないです。今後追跡していく予定です。

仮想通貨取引禁止の規制はマイニングに影響があるの?

中国のマイニング事業が規制の影響を受けることがインターネット上の報道で出回っていました。果たして本当に中国政府によって仮想通貨マイニングへの規制が行われるのか、情報を集めてみました。

マイニング事業は今回の規制の範囲外?

一.政府[参考]:上海規制当局:マイニング活動に関する規制の通達文が受け取ってない( 出典:上観新聞)

これまでインターネット上で中国政府がマイニング活動も規制するニュースも流れていましたが、9月22日の『上観新聞』によると、「上海規制当局は、今の時点でマイニング活動に関する規制の通達文を受け取ってない」と報じ、今の時点でマイニング活動への規制がないことが分かりました。

翻訳は以下になります。

关于矿池和挖矿业务的监管→工場とマイニング活動業務に関する 上海互金整治办表示还没有接到相关通知→上海規制当局は通達文を受け取ってない
二.業者[参考]:ライトコインCEO:“中国政府はマイニング活動規制と通信遮断がフェイクニュースだ( 今日頭条)

また9月22日、ライトコイン(Litecoin)の創設者のCharlie Lee(李启威)は“信頼できる情報による、中国政府はマイニング活動規制と通信遮断がフェイクニュースだ”とSNSで発表した。

規制の影響でマイニング施設の設備を売却している?

一.マイニング施設の閉鎖[参考]:雨水豊富の季節でマイニング施設が閉鎖する理由?( 毎日経済新聞)

今回ICOと仮想通貨取引禁止の後にマイニング施設が閉鎖したニュースは出ていませんが、5月中旬ごろ中国四川省の山奥にあるマイニング工場を閉鎖したという報道がありました。

『毎日経済新聞』によると、閉鎖した理由は5月にCCTV(国営放送)が6月からビットコイン取引を取り締まるとした報道があったため、閉鎖することを決めたようです。

翻訳は以下になります。

比特币矿场→ビットコインの工場(施設) 大门紧闭→閉鎖した
二.マイニング設備の安売り[参考]:ビットコイン大惨事:マイニング設備は大量に売り出し、2000元のVGAが800元で売る( 新浪科技)
比特币“矿难”→ビットコイン大惨事 矿机抛售→マイニング設備は大量に売り出し 2000元显卡800卖→2000元のGPUが800元で売る

規制が間接的に影響を与えている?

[参考]:国内の鉱夫は鉱山閉鎖を心配している?(今日頭条 出典:梦遥奇缘)

中国政府はICO禁止と仮想通貨取引所閉鎖等の規制より、マイニング活動までにも規制が及ぶ可能性の恐れが業界で広がっています。

マイニング活動の規制に関して、『梦遥奇缘』メディアは、ViaBTCのCEO杨海波(Yang hai bo)にインタビューしました。

Yangは“我々も将来のマイニング活動に規制されるの可能性を心配しています。”と述べました。

また、“技術的に、我々は同期するネットワークをもっているので、中国政府はビットコインの取引を完全に禁止することは不可能です。しかし、当局はマイニング活動は違法だと言われたら、心から、拒否すると思います。”とも述べています。ViaBTCは中国で二つのマイニング施設を持ち、世界ビットコイン生産量の7%を占めています。

翻訳は以下になります。

首席执行官→CEO 在中国开采的未来感到担忧→将来のマイニング活動に規制されるの可能性を心配している 两家Bitcoin矿山→二つのマイニング工場 控制着百分之七的Bitcoin矿业开采能力→ビットコイン採掘能力の7%のコントロール 但如果中国政府说,采矿是违法的→世界ビットコイン生産量の7%を占めている 我们是内心拒绝的→我々は心から、拒否する

中国国外のマイニング事情

今後中国政府がマイニングへの態度を規制方向に転換するかもしれません。そこで、最近の中国国外のマイニング情報についてまとめてみました。

ベトナムマイニング情報[参考]:ビットコインを合法化した後,ベトナムの鉱業「ゴールドラッシュ」( 巴比特资讯)

中国政府がICOや仮想通貨取引を禁止したことに反し、ベトナム政府は2018年末までにビットコイン合法化を検討しています。そのため、ベトナムのマイニング設備の需要が高まっています。

翻訳は以下になります。

挖矿和矿机在越南→ベトナムにおけるマイニングとマイニング設備 无论越南政府是否合法化比特币→ベトナム政府はビットコインを合法とするかどうかにかかわらず 投资者都试图获取挖矿设备→投資者はマイニング設備を獲得しようとする

また、中国のメディアは日本のGMOは100億円(3.2億ドル)投資し、仮想通貨マイニングを開始するのに続き、DMMがマイニング産業に参入する「DMMマイニングファーム」を10月に開始するといった報道もありました。

中国メディアの報道[参考]:GMO、仮想通貨「採掘」に100億円投資 出資も募る (巴比特资讯) 日本マイニング情報[参考]:GMO、仮想通貨「採掘」に100億円投資 出資も募る (日本経済新聞)

さらに、ロシア地方政府はマイニング業者に原子力発電を利用して、マイニング活動を推奨したとの報道もありました。ロシアの副総理大臣 Igor Shuvalovによれば、ロシア政府は国有仮想通貨マイニングセンターを建設することを検討していると語っています。

ロシアマイニング情報[参考]:ロシア地方政府はマイニング業者に核発電を利用して、マイニング活動にお勧めした

以上の情報からも分かる通り、中国国外でのマイニング需要の高まりもあります。今後、取引量の減少や新たなマイニング規制が行われた場合には、マイニング施設の売却が進み中国国内のマイニング事業がなくなる可能性もあるかもしれません。そして、中国国内のマイニング事業が縮小すれば、日本やロシア等海外のマイニング事業に注目が集まるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です