中国人がビットコインの次に狙う仮想通貨(アルトコイン)とは?

ビットコインの投資・投機におけるリスクについて

現在世界には800種類を超える暗号通貨(仮想通貨)が発行されており、仮想通貨中で、ビットコインは仮想通貨市場シェアが41.6%を占めています。

2016年5月までは世界のビットコイン取引量の9割、マイニングの7割を中国が占めています。今でも、中国は世界最大の仮想通貨マイニング市場です。

ビットコインは誕生してからの8年間、300万倍以上に値上がりし定着しています。これから、まだまだ値上がりするとの観測もありそうです。しかし、一方で単価40万円のビットコインはまだ上がる可能性があるのかと疑問の声も出ています。

さて、そのような中で世界最大の取引量を占める中国人がビットコインの次に狙う仮想通貨とはどのようなものでしょうか?

ビットコインの次に狙うアルトコイン

ビットコインで取引を行うには上記のようなリスクがあるため、ビットコイン以外の他のコインを狙う可能性があります。いわゆるアルトコインのことですね。このアルトコインを狙う理由は以下の通り。

ライトコイン(LTC)

ライトコインの特徴-日常利用向けに開発

ビットコインが2009年に公開された2年後の2011年10月7日、元Googleエンジニア、中国大手取引所BTCチャイナCEOの弟のCharlie Lee氏がライトコインを公開しました。発行上限は8400万枚でビットコインの4倍です。基本的にはオープンソースであるビットコインをもとにしていますが、最大の特徴はビットコインの1/4の約2.5分での即時取引を実現したこと。

この迅速な取引の実現によって、日常的な支払いでも比較的利便性を損なうことなく利用できることが期待されています。この特徴により、『Amazonにライトコインが採用するかも』というニュースも出ました。一時、ライトコインは他の仮想通貨の上昇と比べ抜きん出ていました。

ライトコインの開発者はアメリカ籍の中国人なので、中国人の投資家によく知られています。中国では“ビットコインは金、ライトコインは銀”と言うことわざもあるくらいです。

[参考]:ライトコイン(LTC)とは-日本クリプトコイン協会

ライトコインのメリット:

  • 1.取引時間の短縮—ビットコインより取引承認時間が約10分から約2.5分にまで短縮されています。
  • 2.流通性が強い— 迅速な取引の実現によって、アルトコインの中で、流通性が一番強い仮想通貨になりました。
  • 3.マイニングのスピードが速い—scrypt暗号技術で、ビットコインより普通のPCでも簡単にマイニングできるので、マイナーが報酬を得やすくなります。
  • 4.送金時間の短さ—Segwitが導入することで送金時間の短さという優位性でビットコイン取引決済のアルトコインとしてよく使われっています。
  • 5.単価が安い—  単価40万円のビットコインより、単価がやすくて取引しやすくなります。 

ライトコインの普及と今後の可能性

2017年7月にネット上に出てきた情報によると、アマゾンは顧客に返信したメールに近いうちにビットコインとライトコイン決済をアマゾンに導入する可能性、そしてビットコインとライトコインは“一番信頼されている最も堅調な”仮想通貨だと述べました。

ライトコインがビットコインのソースコードを利用しているからこそできる利点ですが、2017年5月Segwitと呼ばれるビットコインのアップデートに先んじてライトコインを導入することが実現しました。

発行枚数も多く、またオープンソースの即決済ネットワークシステムとして、これから日常利用向けに浸透していく仮想通貨のひとつであると考えられています。

日本仮想通貨研究所によれば今年の4月から単価が14倍上がり、9月末の時点でライトコインの時価総額は5位に位置しています。時価総額TOP5ランクの中でもライトコイン6,000円という単価は、中国人にとって取引しやすく、さらに価値が上がることも期待できるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCC)

ビットコインキャッシュの特徴-ビットコインから分裂した通貨(アルトコインの一種)

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した通貨であり、いわばビットコインの「兄弟」と考えれば、理解しやすいと思います。

ビットコインキャッシュは2017年前半から提唱されたもので、現在のビットコイン開発者とは異なる人たちによって開発されました。2017年8月1日からマイニングが始まっています。ただ、業界でのビットコインキャッシュに関する態度は異なり、アルトコインの一種と認識されているようです。

ビットコインキャッシュの一番デメリットは流通範囲が限定的なこと。多く海外の知名仮想通貨取引所(bitFlyer、Coincheck、Coinbase、GDAX、Poloniex、Bitmexなど)はBCC通貨を取り扱っていないので、流通範囲が主に中国国内になっています。

ビットコインキャッシュの普及と今後の可能性

今後のビットコインキャッシュは今までビットコインや他の仮想通貨が経験してきたような不安定な立場になるでしょう。それを投資家や事業者、開発者、参加者が支え、乗り越える事が出来なければ段々と仮想通貨のシーンから姿を消していくでしょう。また、取引処理を一部の参加者が担っているのでその参加者が投げ出せば一気に消滅に向かう可能性もあります。

イーサリアム(ETH)

以太坊(Ethereum)は、ジェフリー・ウィルケによって開発されたアルトコインのこと。イーサリアムは、投票、ドメイン名、金融取引、組合、企業経営、契約、ハードウェア統合の恩恵を受ける契約、知的財産、インテリジェント資産のほとんどをプログラム、配布、保証、取引するために使用できます。

2017年6月12日、イーサリアム通貨価格は400ドルを超え、過去最高の50倍になりました。

イーサリアムの作業原理

Ethereumには、Bitcoinユーザーにとって非常によく知られている多くの機能と技術が組み込まれており、多くの修正と革新が行われています。Bitcoinブロックチェーンは純粋にトランザクションのリストですが、タワーの基本単位はアカウントです。エーテルボックスエリアチェーンは各アカウントのステータスをトレースし、タワーのチェーンエリア上のすべてのステート遷移はアカウント間の価値と情報の転送です。アカウントは2つのカテゴリに分類されます。

1、プライベートパスワードによって制御される外部アカウント(EOA)

2、契約コードで管理されている契約アカウントは、外部アカウントによってのみ有効化されます

イーサリアムの可能性

2017年のTechCrunch Disruptカンファレンスで、Vitalik Buterinは、Ethereumのようなプラットフォームは主にデータとセキュリティを再定義できたと語った。彼の声明では、今後2年間で、EthereumはVisaの取引能力水準に合致する能力を持つことを指摘した。Bitcoinは現在、1秒間に約3件のトランザクションを処理することが可能であり、Ethereumの1秒あたりのトランザクション数は5件に達し、Uberはトランザクションを1秒間に12件処理します。ブロックチェーンはVisaを置き換えるでしょう。

イーサリアムクラシック(ETC)

以太坊经典(Ethereum Classic)は免除、変更不可、集中インテリジェントな契約プラットフォームです。 ethereum classicは、元の古いチェーンのハード分岐後のエーテルの広場です。

以太坊经典(Ethereum Classic)は1,920,000ブロックの高さで2本のチェーンを分岐させて、ETHチェーンとETHクラシックチェーンと呼ばれる。現在、中国最大のETC取引プラットフォームは中国の外貨であるCHBTCであり、毎日のETCの平均取引量は535万ドルです。

イーサリアムクラシックの可能性

韓国と米国の主要市場でのイーサリアムクラシックの需要が維持されれば、今後数週間でクラシック価格が上昇する可能性が高くなります。さらに重要なのは、イーサリアムクラシック需要の伸びは、ETCの古典的な投資家がETCの固定供給と実際の通貨属性の価値を見つけるのにも役立つことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です