財新:マイニングは違法ではない、電力会社の声明が間違っている!


財新:電力会社のトップが通達に誤りがあったと明言

財新より、中国のマイニングに対する電力供給云々の件について、“電力会社のトップが通達に誤りがあった”と明言したとの報道がありました。

[参考]:財新:BTCマイニング違法?電力会社からの声明が間違っている!

▲【財新網】(記者 吴雨俭)

13日、財新より、“電力会社の責任者は企業なので、政府の監督機構ではないため、ビットコインマイニングが違法か否かを決定する権限はなく、声明は間違っている”と説明しました。

▲11月14日ネットに流れている四川电力電力会社の通知

今回、マイニング工場への電力供給規制の理由は?

一、四川丹巴県は冬(乾季)の電気を供給緊張が現状、地方住民からの苦情が次々出っています。

二、電力会社と水量発電所の契約内容は住民の生活電気が一番優先的になるので、電力の不法転用は契約違反になります。

三、水量発電所は電気を直接販売することの権限がありません。

つまり、電力会社が言いたいことは発電所が現地住民の生活電気を優先に供給すべきであるのに、ビットコインマイニング業による、電力の不法転用は契約違反になります。

財新がわざわざ、通達が誤報だったを訂正する目的は?

財新が発表した記事の最後に、“前回も説明したが政府はマイニングを禁止する計画はありません。”と強調しました。

財新の態度が急に変わったことで、中国政府はマイニング業に寛容な態度を与えるかまたは、取引が再開する可能性が残っているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です