Bitcoin取引所が海外に移動?完全に国にブロックする事はできない?

[参考]:中国政府が、すべての国内デジタル通貨事業の閉鎖を命じた後、中国Bitcoin取引所ViaBTCは海外のプラットフォームを立ち上げる予定です。

9月21日、香港で開催したブロックチェーンサミットシーンに取引所のCEOヤンハイボ氏が、「3分の1の顧客は海外からのものであり、引き続きViaBTCプラットフォームの使用すると信じ、サービス継続提供すると考えている」と述べました。

現在、外国のプラットフォームを再起動する詳細の時間計画を立てなくて、9月25日までに、顧客の引出しをサポートするので、資産を全部引出してくださいと述べました。

1週間前、深センのある会社は、今月末に中国での取引を終了すると発表したが、Bitcoin China、OkCoin、huobiなどの他の国内プラットフォームも、北京の規制政策を受けて取引を停止すると述べました。

今月初め、中国は資金調達のためのICOの使用を禁止し、規制当局がICOは資金調達の形で違法であり、禁止後に資金を調達するデジタルマネーの販売ではビット通貨および他のデジタル通貨取引が中止されました。

Bitcoinの価格は過去12ヶ月で急騰しており、9月1日に約595ドルの価格から4950米ドルの最高値まで上昇した。 関連する中国当局がICOの禁止を発表し、金曜日の朝、Bitcoinの価格は3663米ドルに下がりました。

多くの投機筋やその他の要因を引き付けるという事実と相まって、管理者の分散化された属性であるデジタル通貨価格のボラティリティは、デジタル通貨が中国の規制当局や業界機関の焦点になっています。 ナショナル・インターネット・ファイナンス・アソシエーションは、デジタルマネーは「マネーロンダリング、麻薬密輸、密輸、違法資金調達ツール」と語っています。

完全に国にブロックする事はできない?

ViaBTCはもはや国内取引サービスを提供していないが、まだコインプール運用であるが、ユーザはネットワークを介してリソースを共有し、コンピューティングパワーを「マイニング」ビットコインに提供し、最終的には、 流通、このプロセスはマイニングと呼ばれます。

ViaBTCはもはや国内取引サービスを提供しませんが、Bitcoin採掘プールが運用しています。未だにユーザはネットワークを介してリソースを共有しています。

ヤンハイボ氏は、「鉱業を止めなければならないという通知はきてないので、採掘は今のままです。たとえデジタルマネー取引が禁止されていても、Bitcoinのようなデジタルマネーは、州によって完全にブロックされない」と主張しています。

Bitcoinネットワークは、ファイアウォールがあっても完全に配布されている、ユーザーはまた、この制限を回避するために簡単にVPNなどを使用することができます。同期ビット通貨情報は非常に簡単です、中国のコンピュータがBitcoinネットワーク上で同期できる限り、他のコンピュータもBitcoinネットワーク上の完全な情報を受け取ることができる述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です